Naoko Mizuno Official Site

春のお出かけ ブリューゲル展

今年に入り、東京には素敵な絵画展が多く、

週末になるとお出かけしていました。

2/18はブリューゲル展 画家一族150年の系譜へ行きました。

充実した内容はもちろんのこと、

撮影許可の出ているスペースもあったり、

思わぬ絵画に出会えたり、と

嬉しさが何倍にも増した1日でした。

 

ブリューゲル一族には代表する画家が4人いるそうです。

ピーテル1世
ピーテル2世(ピーテルの長男)
ヤン1世(ピーテルの次男)
ヤン2世(ヤンの息子)

去年、花咲く庭園のコンサートで使用した絵画は

そのうちの一人、花の画家とも呼ばれる

ヤン1世のものでした。

 

ブリューゲルの活躍したフランドル地方は、

チェンバロ製作でも有名な地域で、

チェンバロの響板には

ブリューゲルたちも描いた

美しい花たちを見ることができます。

その響板に、時々チェック柄のチューリップが描かれることもあるのですが

なんと今回、撮影許可のフロアにチェック柄のチューリップを発見。

 

タイトルは《ガラスの花瓶に入った花束》

真ん中にいます。

他にも溢れんばかりの花々が。

 

日本初公開となる圧巻のプライベート・コレクションや
たくさんのお花に癒されて、

満ち足りた思いで帰路につきました。

 

実はまだここではお話ししていませんでしたが、

去年10/22の『花咲く庭園』の続編が決まりました。

7/26 です。

タイトルは『花咲く庭園II 〜 神と人の物語 〜』です。

今回のチラシも、前回同様ヤン・ブリューゲルです。

4月中旬頃には完成すると思います。

今回は所有美術館と直接のやりとりをして、素晴らしい絵画の使用を認められました。

そしてこちらの公演は、奈良での演奏させていただけることになりました。

詳細は後日発表いたします。

まずは7/26(木)、近江楽堂でお会いいたしましょう!