Naoko Mizuno Official Site

About

水野直子

クラヴィコード・チェンバロ・フォルテピアノ・ピアノ奏者。

武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業、同大学院修了。

ピアノを堺康馬、福井直敬、故エレーナ・アシュケナージ、故エルジェベト・トゥーシャ、イェネ・ヤンドー、カルラ・ジュディチ、ベラ・シキに師事。

その後古楽器に興味を持ち渡伊、ミラノ市立音楽院古楽科へ入学、2008年同音楽院大学院修士課程を最高点、栄誉付き首席で修了。

チェンバロ・フォルテピアノを故ラウラ・アルヴィーニ、エンリコ・バイアーノ、エミリア・ファディーニ、アンドレア・ディ・レンツォに、17世紀室内楽をマーラ・ガラッシー、通奏低音をアントニオ・フリジェー、ルネサンス理論をディエーゴ・フラテッリに師事。

またトレント州アーラのピッツィーニ宮殿内楽器博物館でオリジナル楽器の演奏法の研鑽を積み、ミラノのサン・ロレンツォ、 サン・マルコ、サン・マウリツィオ教会をはじめ、スフォルツェスコ城、モデナ宮、ヴェネツィア、ウルビーノなどイタリア各地で多くのソロ及び室内楽のコンサートを開く。

その活動はイタリア放送局Rai Uno、Skyで放映された。

またクレモナ音楽祭に招聘され、チェンバロとフォルテピアノを使ったオールドメニコ・スカルラッティのコンサートはイタリアラジオ局 Rai Treにて収録、放送された。

ヴェネツィア、ジョルジョ・チーニ財団奨学生。

在伊中は演奏のほかに、ヴィチェンツァ国立音楽院大学院にてステファノ・トッフォロに音楽図像学、ロベルト・ソルチに音楽修辞学を師事。

帰国後は東京大学にて研鑽を積む。

現在はピアノ講師向けのバロック音楽セミナーをはじめ、演奏活動を通してオリジナル楽器の普及に力を注いでいる。

sozai_60681

練馬区のスタジオでは
現在、5歳~中学生までの子どものピアノコース、大人のピアノコースの他、
ピアノの先生のためのブラッシュアップレッスンや
チェンバロのレッスンも行っています。
水野直子ピアノ・チェンバロ教室はこちら

教室のレッスンブログはこちら

【セミナー・演奏・研究等実績】(以下2009年以降)

・ピアノ指導者向けセミナー 『装飾の美』

・ピアノ指導者向けセミナー 『魅力がいっぱい バロック白楽譜』

・ピアノ指導者向けセミナー 『バロックの装飾音に親しもう』

・ピアノ指導者向けセミナー 『バロックの精神』

・久保田チェンバロ工房楽器見学会

・横浜そごう ルドゥーテ展 チェンバロ奏者

・北とぴあ国際音楽祭2010 通訳・翻訳

・東京室内歌劇場 オペラ《カリスト》 通奏低音コレペティ、字幕担当

・カンパニータンク取材

・2012年〜2018年 教室発表会 計7回

・2018年台東スカイツリーステション主催 バロックセミナー、チェンバロレッスン

・2018年 築地地区 ピティナピアノステップ チェンバロトークコンサート

 

プロデュース

・2009 水野直子 リサイタル

・2010 水野直子 リサイタル

・2010 ガエターノ・ナジッロ 水野直子 デュオリサイタル(福岡、山口、東京)

・2012 イタリアのヴィルトゥオーゾたち

・2013 イタリアのヴィルトゥオーゾたちII

・2015 ムーサたちの語らい

・2017 VANITAS、花咲く庭園

・2018 花咲く庭園II

 

論文

・『ラヴェル作曲 「夜のガスパール」についての一考察-和音分析とともに-』1997、東京

・『J. J. クヴァンツの「フルート奏法」における速度表記について』2007、イタリア

・『C.チェルニー著 「ピアノ奏法Op.500」より、ペダルについての一考察-ベートーヴェン、シューベルト、ウェーヴァーの作品より-』2008、イタリア

・『ヴェネツィアにおける奏楽天使の機能についての一考察—ジョヴァンニ・ベッリーニの《サン・ジョッベ祭壇画》を中心に—』 2016、東京

 

翻訳(セミナー用を含む)

・チェルニー 『ピアノのための理論と実践 第3巻 作品500』

・ファディーニ/カンチェッラーロ 『音楽における強勢』

・ファディーニ 他 『チェンバロ』

 

資格

・中学校・高等学校教諭一種免許状(音楽)取得

・心理カウンセラー資格取得。